新規上場の目論見書に基づいた、IPO=新規公開株式の銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資   | What's New   | LINKs   | SITE MAP   | IPO株日記   |

オリックス証券


手数料体系は以下の2コースがあり、いつでも切り替えできます
定額コース 50万円/日まで 315円
600万円/日まで 3,150円
以降300万円ごと プラス3,150円
3,000万円超 一律31,500円
約定ごとコース 成行注文 約定代金×0.105% (下限315円、上限12,600円)
指値注文 約定代金×0.126% (下限315円、上限12,600円)

【会社概要】
  オリックスグループが100%出資する証券会社です。手数料では、ETFとREITの現物取引が上記から半額になるほか、一般(無期限)信用取引なら約定代金に関わらず一律300円です。

 2006年5月に手数料体系の変更があり、定額コースでは50万円以下の取引手数料が別途設定され、実質的に大幅引き下げとなりました。また、約定ごとコースでの下限手数料も引き下げられました。全般的に小額投資で不利だった点が、この変更によって解消されています。

【IPOの申込み】
 オリックス証券の場合も抽選になります。これまでは、他社に無いオリックスの特徴的な点として、「申込み時刻」による優先当選がありましたが、2006年5月からは抽選方法が変更されました。マネックス証券等と同じように、申し込み数量・時間帯に関係なく完全公平な抽選制です。

 IPOの割当数は、E*トレード証券ほど多くはありませんが、楽天証券と同程度といったところで、ある程度のボリュームはあります。

【総合評価】
 IPOの割当もそこそこありますし、抽選方法は小額投資家に比較的優位となる完全公平性です。IPO用に口座を開設しておくメリットは十分あるでしょう。

資料のご請求・お申込みはこちら >> オリックス証券

お申込みランキング

1.マネックス証券
2.オリックス証券
3.SBI証券


目次
当サイト内の詳細説明ページにジャンプします。

総括・目次ページ

マネックス証券
ジョインベスト証券
■オリックス証券
クリック証券
ジェット証券
エイチ・エス証券
楽天証券
かざか証券
SBI証券
コスモ証券
松井証券
カブドットコム証券
丸三証券

eBank銀行
新生銀行
ジャパンネット銀行



| IPO初値分析・株式投資 | 投資信託辛口入門ガイド | 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド |
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO