新規上場の目論見書に基づいた、IPO=新規公開株式の銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資   | What's New   | LINKs   | SITE MAP   | IPO株日記   |

かざか証券



約定金額 現物手数料 備考
50万円以下 525 「トレーディング・チケット」を購入することで、一定売買回数または一定売買金額を超えるまで手数料が無料になる定額サービスもあります。
50万円超 100万円以下 840
100万円超 200万円以下 1,155
200万円超 300万円以下 1,680
300万円超 2,100

【会社概要】
 旧日本グローバル証券をライブドアが買収し、ライブドアグループとなりました。その後ライブドアとの資本関係が消滅し、07年2月より、「かざか証券」に社名を変更しました。
 業種ごとのセルサイドアナリストも配置していますが、所属アナリストからの企業訪問はあまりありません。(管理人は5年間、個別ミーティングをしたことはありません。)基本的にアナリストレポートは、決算説明会ベースの情報をそのまま記載しているケースが多いです。その分、レポートには、バイアスがあまりかかっておらず、会社提供情報を忠実にトレースしたレポートとしての利用価値は高いです。

【IPOの申し込み】
 IPOでは、05年1月に「エフェクター細胞研究所」の主幹事を務めましたが、お世辞にも成功したとは言えない結果でした。また、「エフェクター・・・」は名古屋証券取引所での上場でしたが、ライブドア証券(当時)では名証上場銘柄を取り扱っていなかったことも、当時問題視されました。ただ、こうした経験を踏まえて今後は、上場審査能力等を強化してくるものと思われます。
 しかし、かざか証券には、他社にないIPO申し込み上の強みがあります。それは、口座開設者は、初値予想をしているフィスコのIPOレポートを無料で閲覧できることです。

【総合評価】
 総合的には、手数料も比較的安いですし、口座維持手数料無料でフィスコのレポートが見れる点で、十分オトク感のある証券会社です。「とりあえず開設しておく」だけでも、十分モトがとれます

お申込みランキング
1.マネックス証券
2.オリックス証券
3.SBI証券


目次
当サイト内の詳細説明ページにジャンプします。

総括・目次ページ

マネックス証券
ジョインベスト証券
オリックス証券
クリック証券
ジェット証券
エイチ・エス証券
楽天証券
■かざか証券
SBI証券
コスモ証券
松井証券
カブドットコム証券
丸三証券

eBank銀行
新生銀行
ジャパンネット銀行



| IPO初値分析・株式投資 | 投資信託辛口入門ガイド | 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド |
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO