3168クロタニコーポレーションIPO=新規公開株式の上場目論見書に基づいた、銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資  | What's New  | LINKs  | SITE MAP  | IPO株日記  |

クロタニコーポレーション(3168 東証二部)IPO

公募価格バリュエーションと初値予想等

セクター:卸売

震災後の上場第一弾は、公募価格で十分に評価済みとなっている印象
 11.8期の業績予想では、対前期比で80-90%程度の増益の見通しと、高い利益伸び率が想定されているものの、業績見通しの詳細については、開示が無く、高い伸びの理由については、明確にはなっていない。

 この業績予想に基づく、想定されている公募価格のPERは約7倍強となる。足元の高い利益伸び率をみると、もう少し高い評価も可能かもしれないが、震災後の軟調な地合と、脚光を浴びにくい東証二部からの上場であること等を考慮すると、想定されている公募価格で十分かと思われる。


個別データ(肩は対前期比(%))
決算期 09/8 10/8 11/2 11/8予
売上高(百万円)
35,112
37.6%
48,319

27,005
9.6%
52,976
営業利益(百万円)
1,188
23.1%
1,463

1,694
65.6%
2,423
経常利益(百万円)
567
107.2%
1,175

1,584
91.2%
2,247
当期利益(百万円)
285
126.3%
645

855
87.1%
1,207
総資産(百万円)
純資産(百万円)
13,084
4,209
14,439
4,735
15,346
5,590
--
--
株主資本比率(%) 32.2% 32.8% 36.4% --
ROA(%、経常利益)
ROE(%、当期利益)
4.3%
6.8%
8.1%
13.6%
10.3%
15.3%
--
--
発行済株式数 7,311.8(修正後、千株)
EPS(円/株)
BPS(円/株)
39.0
576
88.2
648
117.0
765
165.1
--
配当(円/株) 10 10 -- 20

事業概要
非鉄金属スクラップ、インゴットの製造販売及び美術工芸品の製造販売
 クロタニコーポレーション(以下、クロタニ)は、銅を中心とした非鉄金属関連ビジネスとして、インゴットの製造・販売とスクラップの加工・販売を2本柱として事業を展開し、その他、美術工芸品に関する製造販売も行っている。

 クロタニの事業では、インゴットとスクラップを同時に取り扱っていることにより、雑多な非鉄金属を一括買いすることが可能となり、通常、インゴット製造のみを行っている場合であれば、その製造に必要なスクラップ原材料のみを仕入れることになるが、クロタニの場合は、あらゆるスクラップを取り扱うことが可能となっている。

 インゴットについては、国内外から集荷した銅スクラップ、銅合金スクラップを原材料として配合、溶解し、得意先各社のニーズ、用途に合わせた形状・重量の製品約50品種を生産している。仕入れたスクラップは、製品ごとの要求規格に合致する成分割合になるよう製造し、国内外の販売先(造船メーカー、住宅設備メーカー等)に販売している。

■中心となる品種
・ 船舶のスクリュー原材料として用いられる「アルミ青銅」
・ 水洗金具、止水栓、産業用バルブ等、主に住宅産業向けに販売する「青銅」

 スクラップは、国内外の仕入先(スクラップ回収業者、メーカー等)から仕入れた約150品種の非鉄金属スクラップについて選別・プレス等を行い、国内外の販売先(電線メーカー、銅精錬メーカー等)に販売しているほか、自社インゴット製造のための溶解用材料として利用している。

■中心となる品種
・ 主に電線、銅板条・銅管、銅箔の各メーカー向けに販売する「純銅スクラップ」
・ 主に銅精錬メーカー向けに販売する「銅スクラップ」
・ 主に住宅設備や各種産業バルブ業界向けに販売する「銅合金スクラップ」
・ アルミメーカー(軽圧、板条、二次合金)やステンレスメーカー向けに販売する「アルミ・ステンレス系スクラップ」

 その他の事業としては、モニュメント、記念品、置物、仏像、ジュエリー等、美術工芸品の製造販売と伸銅品等の商品仕入れ・販売を行っている。

収支の状況
11.8期は前期と比較して大幅増益の見通し
■10.8期実績
 インゴットの販売量は、造船業界の業況悪化により前年同期比8.4%減となったものの、市況環境が良好(円建値ベース前年同期比35.1%増)であったため、売上高は前年同期比13.1%増となった。一方スクラップは、市況環境の良好さに加え、取扱量が前年同期比18.0%増加したことから、売上高は前年同期比68.8%増となった。

 地域別では、インゴットは、造船業界の業況悪化により韓国向けが減少したものの、中国、東・東南アジア、ヨーロッパが増加、またスクラップでは、関東圏、中部圏、中国が増加したものの、韓国、東・東南アジア、ヨーロッパは減少した。

 以上の結果、売上高は前年同期比37.6%の増収、経常利益・当期純利益では前年同期比倍増以上の増益となった。

表1 品目別販売実績(百万円、前期比%)
         10.8期  11.2期
インゴット 21,251 +13.1% 11,233
スクラップ 26,379 +68.8% 15,447
そ の 他  688  -0.6%  325
合   計 48,319 +37.6% 27,005

株式の状況
株式需給面での問題点は、特に見当たらない
 ストックオプションは無く、ベンチャーキャピタルからの出資もない。既存株主の大部分はロックアップの対象になっており、ロックアップのカバー率も十分に高い状態にある。株式需給面での問題点は、特に見当たらない。

A. 発行済み株式数 7,000千株(単元100株、11.4月に1:1,000株式分割後)
B. 公募 972千株(自己株式の処分)、増資によるオーバーアロットメント 310,800株
C. 売出し 1,100千株(売出し元は会社関係者)、既発株のオーバーアロットメント なし
D. ストックオプション等の残高総数 0株
 E. うち潜在株式に算入する数 0株
F=A+B+E 上場時点の想定発行済み株式数 7,310,800株

【参考】(株数は売り出し考慮前)
ベンチャーキャピタルの推定保有株数 0株
既存株主へのロックアップ情報: 会社関係者15名と法人1社に対して90日間。但し、発行価格の1.5倍以上での市中売却は可能。対象株数は6,000株。

 目論見書での想定発行価格は1,200円で、この価格に基づく自己株式の処分による手取り概算額は約1,072百万円とされている。別に予定されている第三者割当増資による手取り概算額約344百万円と合わせた使途は、短期借入金の返済に約1,290百万円、本社工場の環境改善のための設備資金に126百万円を充当する予定。

情報開示の状況
開示なし
 クロタニのウエブサイトには5月9日時点で、投資家向け情報開示のページは設置されていない。


IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します > 「IPOのための証券会社・銀行選び」

 | 2011年IPO一覧(既上場)  | IPO初値分析・株式投資 |
本資料における個別銘柄に関する注意事項
 EPS・BPS・株主資本比率の計算の元となる、純資産・総資産・株主資本は、各決算期末時点の会社公表数値を用いている。発行済株式数は、自己保有株を含まない。また、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
 一株当りの配当は、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
その他の重要な注意事項
本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資対象となる有価証券の価値や投資から得られる収入は、証券価格の変動のほか、発行体の経営・財務状況の変化、金利や為替相場の変動やその他の要因によって変化する可能性があり、投資額を下回る場合があります。また過去の実績は必ずしも将来の成果を示唆するものではありません。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
本資料は、当サイトが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、その情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、本資料に記された意見や予測等は、資料作成時点での当サイトの判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。本資料の著作権は当サイトに帰属し、その目的のいかんを問わず無断で本資料を複写・複製・配布することを禁じます。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO