新規上場の目論見書に基づいた、IPO=新規公開株式の銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資   | What's New   | LINKs   | SITE MAP   | IPO株日記   |

ソトー(3571)〜敵対的買収への対抗TOBを画策した後、大幅増配で買収回避


03年12月19日
 当時900円程度で推移していたソトーに対して、スティール・パートナーズ(以下SP)が買付け価格1,150円で公開買付けを開始。公開買付け価格と同水準の1,150円程度で推移。

03年12月26日
SP社によるこの敵対的買収に対して、ソトー側が反対を表明。

04年1月16日
ソトーと組んだ大和証券系投資会社でエヌアイエフ・ベンチャーズ(8458)の子会社NIFバイアウトマネジメントが、価格1,250円で敵対的買収に対抗する公開買付けを開始。株価はこれを受けて、1,300円水準へ上昇。

04年1月26日
ソトー・NIFの実施した敵対的買収への対抗策に対して、SP社は公開買付けの条件変更を発表。内容は、買付け価格を当初1,150円から1,400円(この時点でNIFより150円高い)へ変更、買付け株数を当初約3.2百万株を13.3百万株に変更し、応募された株券の全数の買付けが可能としたこと、買付け期間を当初04年1月26日から2月16日まで延長したこと。株価は買付け価格の変更に呼応して、1,500円水準へ上昇。

04年2月6日
SP社の条件変更に対抗して、NIFも買付け条件を変更。買付け価格を当初1,250円から1,470円とし、SP社よりも70円高くなった。

04年2月12日
NIFの買付け条件の変更を受けて、SP社は二回目の条件変更を実施。買付け価格は1,400円から、NIFの価格を80円上回る1,550円とし、買付け期間も2月16日までとしていたものを2月23日までに延長した。

04年2月16日
ソトーが大幅増配を発表。これと同時にNIFによる公開買付けへの賛同の撤回とSPによる買付けへの反対を表明。増配発表の内容は、04.3期にかかる期末配当を従来予想6.5円から193.5円に大幅増配し、支払い済みの中間配当6.5円と合せて、年200円とするもの。また、04.3期からの3決算期で1株当り500円の配当を実施する方針を発表した。株価はこれを受けて2,100円台まで上昇した後、1,800円程度で推移。

04年2月24日
前日に締め切られたSP社の公開買付けの結果が発表された。応募は発行済み株式数の0.76%に当る11.5万株に留まり、敵対的買収は失敗に終わった。

04年2月27日
NIFによる公開買付けの結果が発表。応募株数が買付け予定数に満たなかったため、買付けは実施されず。


敵対的買収の事例研究 目次

< ユシロ化学工業
ソトー
> 宮入バルブ
> ベルシステム24
> UFJホールディングス
> 国際石油開発
> ニッポン放送
> ニレコ
> 仮処分について
> 敵対的買収対策の評価 1
> 敵対的買収対策の評価 2
> 敵対的買収対策の評価 3
> TOB(公開買付け) 1
> TOB(公開買付け) 2
> ブルドックソース



IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します > 「どの証券会社・銀行がいいか、迷ったら」

| IPO初値分析・株式投資 | 投資信託辛口入門ガイド | 初心者のための確定拠出年金(401k)入門ガイド   |
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO