新規上場の目論見書に基づいた、IPO=新規公開株式の銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資   | What's New   | LINKs   | SITE MAP   | IPO株日記  |

株式会社ポスコ(5412 東証)

この銘柄についてのPDFファイルでの分析は、ありません。

セクター:鉄鋼
ADRの日本上場となるため、価格はNYSEでの取引価格に収斂

 今回の上場の対象となる有価証券は同社普通株式米国預託証券(ADR:American Depositary Receipt)である。1米国預託株式(ADS:American Depositary Shares)は、4分の1株となっている。
 ADRは、預託機関は当社の委託に基づき、原株式1株の4分の1を表章する米国預託株式を作成し交付するもの。当社株式は、原株及びADRで、韓国証券先物取引所・NY証券取引所・ロンドン証券取引所で既に取引されている。

 NYSE(ニューヨーク証券取引所)での取引価格は、ここからチェックできる。10月26日時点では、50$/1ADR 前後で取引されている。日本での公募価格は、価格決定日時点でのニューヨークでのADR価格が参照されて決定し、上場段階では、前日のニューヨークでの取引価格に収斂するのが、通常の動き方となる。

特記事項
 売出価格決定日は05年11月中旬予定だが、ブックビルの結果を勘案した上で最大1週間繰り下げられることがある模様。

 今回のポスコと同様のケースとしては、IIJ(インターネットイニシアティブ)の上場計画が今年は予定されていた。IIJのケースでは、日本での上場予定の件がニュースリリースされた直後から、米国での取引価格が投機的な思惑から乱高下した。公募価格が、価格決定時点で異常な高値で取引されたことを背景に高値で決定された後、米国での取引価格は急落したため、上場時点では、公募価格を大幅に下回ることが確実視され、最終的には、需要が公募株数に達しなかったことを理由として、上場は中止されたという経緯を持つ。
 今回のポスコの場合も、公募価格決定までに、こうした投機的な動きがないかを注視する必要があろう。


IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します >> 「どの証券会社・銀行がいいか、迷ったら」

| 2005年IPO銘柄レポート(既上場)  | IPO初値分析・株式投資  |
本資料における個別銘柄に関する注意事項
 EPS・BPS・株主資本比率の計算の元となる、純資産・総資産・株主資本は、各決算期末時点の会社公表数値を用いている。発行済株式数は、自己保有株を含まない。また、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
 一株当りの配当は、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
その他の重要な注意事項
本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資対象となる有価証券の価値や投資から得られる収入は、証券価格の変動のほか、発行体の経営・財務状況の変化、金利や為替相場の変動やその他の要因によって変化する可能性があり、投資額を下回る場合があります。また過去の実績は必ずしも将来の成果を示唆するものではありません。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
本資料は、当サイトが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、その情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、本資料に記された意見や予測等は、資料作成時点での当サイトの判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。本資料の著作権は当サイトに帰属し、その目的のいかんを問わず無断で本資料を複写・複製・配布することを禁じます。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO