新規上場の目論見書に基づいた、IPO=新規公開株式の銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資   | What's New   | LINKs   | SITE MAP   | IPO株日記   |

外国為替取引のご案内 >> 口座開設


ライブドア FX

 ライブドア証券の外国為替保証金取引サービスです。レバレッジ最大100倍が可能となっており、高い資金効率での取引が可能です。今、発展が注目されているアジア各国の主要通貨ペアも豊富に取り揃えられています。
 またFXスーパーパスポートで1ヶ月間好きなだけ、手数料を気にすることなく、取引できます。

 レバレッジは約1倍〜20倍の4つのレベルから選択できます。手数料は、銀行で取り扱われている外貨預金手数料のおよそ10分の1、1通貨あたりの取引手数料は10銭。さらにデイトレードなら手数料は5銭、一度に10万通貨単位のデイトレードを行えば、デイトレードフリーパスによって、意向の取引手数料は当営業日に限って無料となります。

 みずほ、東京三菱UFJ、三井住友、ジャパンネット、イーバンクの各銀行と郵便貯金とのネットバンキングが可能となっており、即時入金サービスを利用すれば、入金手数料は無料です。

口座開設のお申し込みはこちらから >> ライブドア証券 FX 

エフエックス・オンライン

 24時間オンラインでの為替取引が可能。為替取引手数料はゼロです。両建てやチャート上取引も可能です。

 普通口座は最大100倍、ミニ口座では200倍までのレバレッジです。更にミニ口座では、最低証拠金は5万円、または500米ドルからとなっています。

口座開設のお申し込みはこちらから >> 為替取引口座開設のご案内

ひまわり証券

 昔のダイワフューチャーズで、2000年に社名を「ひまわり証券」に変更しました。ひまわり証券は外国為替証拠金取引を「マージンFX」と名付け、1998年に国内で初めて個人投資家向けにサービスを開始しました。

 デイトレード口座では、手数料は0円でしかも、証拠金率は2%です。通常口座の証拠金率は、5%です。デイトレード口座は通常取引口座と区別して管理されており、口座間での資金移動はネット上では出来ません。電話での受付となっています。証券口座との資金移動はネット上で可能なケースもあります。

 外国為替保証金取引だけでなく、通常の現物証券取引や、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、国債先物取引も可能です。ただ、現物証券取引等については、当社を利用することでの、他社に無い強み・目立った特長は見当たりません。株式関連では、むしろオプション取引に強みを持つ会社です。

口座開設のお申し込みはこちらから >> ひまわり証券株式会社

価格.com 外為

 価格比較サイトで有名な、価格ドットコムの運営する外国為替取引です。

 取引手数料は、1万通貨単位あたり片道:1,000円、1,000通貨単位あたり片道:100円(1000〜50万通貨単位)です。デイトレード手数料については、取引数量に関わらず決済手数料ゼロです。

 取引数量上限が設定されており、1回の注文数量が50万通貨単位(米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル・スイスフラン)までとなっています。初回ご入金額は、10万円以上の日本円、または相当額以上の外貨(米ドル・豪ドル)が必要です。(「豪ドル−円」だけの取引の場合も、初回10万円以上の入金が必要。)

 口座開設手数料や口座維持手数料等は一切かかりませんが、預かり残高が10万円未満でかつ3ヶ月間取引のない場合には、取引口座を閉鎖される規定となっています。

口座開設のお申し込みはこちらから >>価格.com 外為

トレイダーズ証券

 トレイダーズ証券は、「創造的な金融商品をスピーディに提供」することをミッションに、デリバティブ商品に特化した新しいジャンルの証券会社として、1999年11月5日に誕生、最近大阪証券取引所ヘラクレスに新規上場されました。外国為替取引(ネットフォレックス)と日経225先物・オプション取引(ネットインデックス)が、2大看板商品となっている個性的な証券会社です。

 証拠金は、外貨1万通貨単位の場合で7%、1万米ドルで為替レートが110円ドルの場合であれば、証拠金は7万7千円となります。取引コストは、オンライン注文の場合で、10万通貨単位未満で5ポイント、以上で3ポイント、日計り決済時の片道コストは無料です。

 トレイダーズ証券で現物の上場株券を保有している場合には、これを必要証拠金の一部として活用することが可能となっています。上場銘柄は終値の70%、店頭銘柄は終値の60%が充用価額です。全体で必要証拠金の75%まで充用することが可能ですが、残りの25%については現金の預託が必要です。

 現物株の取引手数料は、約定代金が50万円以下の場合が一律2,625円(税込)、50万円超の場合は約定代金の一律0.5%(税込0.525%)となっています。極端に低コストではありませんが、手数料水準としては、そこそこのレベルです。従って、現物株の売買をしながら、外為取引をする、という投資スタイルのかたにとっては、便利な証券会社です。当社の本来の強みを考えると、日経225先物・オプション取引と外為取引の両方をする方にとっても、便利です。

口座開設のお申し込みはこちらから >>トレイダーズ証券

パートナーズFX

 各通貨5万単位の取引にかかる手数料は、片道2,000円、1通貨単位あたり0.04円です。日計りの場合には、さらに半額の片道1,000円、1通貨単位あたり0.02円となり、通常の銀行での取引と比べると50分の1の安さです。
 電話での注文の場合には、各通貨5万あたり片道3,000円、1通貨単位あたり0.06円、日計りでは片道1,500円、1通貨単位あたり0.03円となります。

 各通貨について、最低5万単位から取引が可能となっており、最低証拠金は5万米ドルの場合で25万円、5万ユーロでは30万円、5万豪ドルは15万円、5万ポンドは45万円、5万ユーロ/ドルは30万円となります。

口座開設のお申込みはこちらから >> パートナーズFX






外国為替取引 目次


<< FXの概要
<< FXの用語解説
<< FXのリスク
<< デモ・バーチャル口座
口座開設



IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します > 「どの証券会社・銀行がいいか、迷ったら」

| IPO初値分析・株式投資 |
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO