3904カヤックIPO=新規公開株式の上場目論見書に基づいた、銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資  | What's New  | LINKs  | SITE MAP  | IPO株日記  |

カヤック(3904 東証マザーズ)IPO

公募価格バリュエーションと初値予想等

セクター:情報・通信業

成長業界かと思われるものの、業績の伸びは高くない
 スマホゲーム関連事業なので、目覚ましく業績が伸びているかと思われるものの、足元の実績は増・減益を繰り返している。14.12期業績予想でのEPSに基づく、想定されている公募価格のPERは約36倍となる。成長業界でありながら、ほどほどのPER設定となっているのは、この辺りの状況も加味されている可能性がある。

 業界・銘柄的には更に高い評価をしたいところだが、現状ではややリスキーと思われる。


個別データ(肩は対前期比(%))
決算期 12/12 13/12 14/9 14/12予
売上高(百万円)
2,505
11.9%
2,803

1,894
1.3%
2,838
営業利益(百万円)
-155

219

82
-30.1%
153
経常利益(百万円)
-158

216

80
-30.7%
150
当期利益(百万円)
-122

132

50
-16.5%
110
総資産(百万円)
純資産(百万円)
1,677
514
1,807
718
1,703
760
--
--
株主資本比率(%) 30.7% 39.8% 44.6% --
ROA(%、経常利益)
ROE(%、当期利益)
--
--
12.0%
18.3%
4.7%
6.6%
--
--
発行済株式数 7,514(修正後、千株)
EPS(円/株)
BPS(円/株)
--
68
17.5
96
6.7
101
14.6
--
配当(円/株) -- -- -- --

事業概要
デジタルコンテンツ事業
 カヤックでは、1.新しいアイデア、新しい技術及びサービスを用いたインターネット広告の制作を受託し、クライアントのマーケティング及びブランディングを支援するクライアントワーク、2.Googleが運営するGoogle PlayやAppleが運営するApp Storeなどのプラットフォームを通じたソーシャルゲームの提供、3.スマートフォンゲームに特化した、ユーザー間の交流を活性化するゲームコミュニティ「Lobi」の運営、を行っている。

 クライアントワークでは、角川書店配給のアトラクションホラー映画「貞子3D2」とスマートフォンアプリを連動させたウエブキャンペーンの制作のほか、渋谷PARCO前での明治エッセルスーパーカップ20周年の記念イベント等のリアルイベントと連動した広告キャンペーンの開発・運営等の新しい試みも実施している。

 ソーシャルゲームの収益構造としては、自社オリジナルタイトルの場合、ユーザーは原則無料でサービスを利用することが出来るが、一部アイテムや機能を有料で提供することで課金収入を得ている。他社と協業でアプリを提供する場合は、カヤックがアプリを開発するため、開発受託による収益と課金収入のレベニューシェアから構成されている。

 Lobiの収益構造は、直接または広告代理店、アドネットワーク事業者の仲介により、Lobi内のインターネット広告枠の販売を行うとともに、アドネットワーク事業者に動画広告を提供することで、広告収益を得ている。また、SAPへのソフトウエア開発キットを一部有料で提供している。

 また、その他サービスとして、オリジナリティを重視したインターネットサービスの開発・運営・販売を行っている。

収支の状況
15.12期は減益見通し
■13.12期実績
 クライアントワークでは、当期はソーシャルゲームとLobiに注力した結果、投下するリソースが減少した。案件としては、スマートフォンの普及や新たな技術の出現に伴い、広告とゲーム、マンガ、アニメ等のコンテンツを融合した案件が増加した。

 ソーシャルゲームでは、新規タイトルを開発するとともに、既存タイトルの収益性の向上のため、新たな機能の追加開発やイベント内容の改善を進めた。

 Lobiでは、ランキング上位のスマートフォンゲームへの導入を積極的に進めるとともに、スマートフォンゲームに特化した機能を追加していく中で、ユーザーコミュニティの規模を拡大させている。

 以上の結果、売上高は対前期比+11.9%の増収となり、営業損益・経常損益では前期の損失計上から、黒字化した。

株式の状況
ストックオプションは当面行使不可期間、VC出資はあるものの少量
 ストックオプションの未行使残高があるものの、当面は行使可能期間に入らない。また、ベンチャーキャピタルからの出資があるものの、ボリュームは小さい。株式需給に関しては、特段の課題は見当たらない。

A. 発行済み株式数 6,525千株(単元100株、13.12に1:1,000株式分割後)
B. 公募 989千株、増資によるオーバーアロットメント なし
C. 売出し 390千株(売出し元は会社関係者)、既発株のオーバーアロットメント 296,800株
D. ストックオプション等の残高総数 289,200株
 E. うち潜在株式に算入する数 0株
F=A+B+E 上場時点の想定発行済み株式数 7,514千株

【参考】(株数は売り出し考慮前)
ベンチャーキャピタルの推定保有株数 300千株
既存株主へのロックアップ情報:会社関係者3名と法人2社に対して90日間。但し、発行価格の1.5倍以上での市中売却は可能。対象株数は、6,225千株。

表2 ストックオプションの未行使残高の状況
総会決議  対象株数 行使価格 行使期間
13年12月 289,200株 690円 16年1月〜23年12月*
*一年経過ごとに行使可能割合が1/3ずつ増加する行使制限付き

 目論見書でのカヤックの想定発行価格は530円で、この価格に基づく公募によるカヤックの手取り概算額は約517百万円とされている。

 資金使途は、新規ソーシャルゲーム開発に係る費用並びに、スマートフォンゲームに特化したオンライン上のゲームユーザー向けコミュニティの新機能の開発に係る費用に262百万円、広告宣伝費に200百万円、組織規模拡大のための採用費に55百万円を充当する予定。

情報開示の状況
開示なし
 カヤックのウエブサイトには、11月26日時点で投資家向け情報開示のページは設置されていない。


IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します > 「IPOのための証券会社・銀行選び」

 | 2014年IPO一覧(既上場)  | IPO初値分析・株式投資 |
本資料における個別銘柄に関する注意事項
 EPS・BPS・株主資本比率の計算の元となる、純資産・総資産・株主資本は、各決算期末時点の会社公表数値を用いている。発行済株式数は、自己保有株を含まない。また、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
 一株当りの配当は、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
その他の重要な注意事項
本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資対象となる有価証券の価値や投資から得られる収入は、証券価格の変動のほか、発行体の経営・財務状況の変化、金利や為替相場の変動やその他の要因によって変化する可能性があり、投資額を下回る場合があります。また過去の実績は必ずしも将来の成果を示唆するものではありません。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
本資料は、当サイトが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、その情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、本資料に記された意見や予測等は、資料作成時点での当サイトの判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。本資料の著作権は当サイトに帰属し、その目的のいかんを問わず無断で本資料を複写・複製・配布することを禁じます。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO