6056キューアンドエーIPO=新規公開株式の上場目論見書に基づいた、銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資  | What's New  | LINKs  | SITE MAP  | IPO株日記  |

キューアンドエー(6056 JASDAQスタンダード)IPO

公募価格バリュエーションと初値予想等

セクター:サービス業

想定されている公募価格は、妥当な一般的なディスカウント水準と思われる
 IT関連のサービス事業を行っており、将来性に関する期待感があるものの、足元の実績では、それほどの伸びは見せていない。特に、11.3期には震災・節電影響はあるとはいえ、対前期比で減収減益となっており、顕著な成長性は見られない。

 12.3期業績予想ベースEPSに基づく想定公募価格のPERは約10倍となっている。多少のディスカウントは考慮されているとみられるが、とりたてて、想定公募価格に対してマーケットで予想される評価とのギャップがあるとは考えられない。


個別データ(肩は対前期比(%))
決算期 10/3 11/3 11/9 12/3予
売上高(百万円)
9,972
-1.2%
9,854

4,869
4.5%
10,300
営業利益(百万円)
432
-8.6%
395

130
16.5%
460
経常利益(百万円)
398
-6.6%
372

121
12.5%
418
当期利益(百万円)
217
-19.9%
174

88
37.5%
239
総資産(百万円)
純資産(百万円)
4,373
1,379
4,214
1,584
3,857
1,662
--
--
株主資本比率(%) 31.5% 37.6% 43.1% --
ROA(%、経常利益)
ROE(%、当期利益)
9.1%
15.7%
8.8%
11.0%
3.1%
5.3%
--
--
発行済株式数 1,307.3(修正後、千株)
EPS(円/株)
BPS(円/株)
166
1,055
133
1,211
67
1,271
183
--
配当(円/株) 10 10 -- 10

事業概要
ICTデジタル製品に関連して生じるトラブルや、接続・操作等に係る疑問などを解決するICTサポートサービス事業
 キューアンドエーは関連会社1社を有し、ICTデジタル製品(パソコン、プリンター、情報家電、通信機器等)に関連して生じる故障などのトラブルや接続、操作や利用・活用に係わる疑問などを解決するICTサポートサービス事業を主たる業務としている。

 キューアンドエーが提供するICTサポートサービスは、コンタクトセンターサービス、オンサイトサポートサービスで構成されている。

 コンタクトセンターサービスは、主にコールセンター等運営により通信キャリア、ISP、PC家電メーカー等の事業法人(以下「クライアント」)から業務受託し、クライアントの会員やユーザーに対して電話・メールによりパソコン・インターネットの技術的サポートを提供するコールセンターサービスと、クライアントの代理店としてユーザーの加入手続きを取次ぐサービス及び、自社コールセンターでクライアントから業務受託を受けてクライアントの主体商品等の販売や導入コンサルティング等をアウトバウンド・テレマーケティングで行うサービスである「マーケティングサービス」がある。

 オンサイトサポートサービスは、オンサイトサポートサービスの提供者としてキューアンドエーと業務委託契約を締結し、キューアンドエーに登録されている個人事業者・法人(以下「サポートスタッフ」)が、キューアンドエーからの委託に基づき、個人ユーザーや法人ユーザーを直接訪問して技術的サポートを提供するサービスとなっている。対象となる顧客によって、個人向けサービスと法人向けサービスとに分けられる。

 個人向けサービスの主な内容は、個人ユーザーに対するインターネット接続設定、トラブル診断・修復サービス、操作指導等であり、クライアントから受注し個人ユーザーにサービスを提供する場合と、直接個人ユーザーから受注し、個人ユーザーにサービスを提供する場合がある。

 法人向けサービスの主な内容は、法人ユーザーに対するサーバ設置・メンテナンス、社内ネットワークの構築・監視、パソコンのセットアップ作業、POSレジのシステム設定等のサービスとなっている。主としてシステムインテグレータや法人ユーザーの情報管理部門から受注し、法人ユーザーにサービスを提供している。

収支の状況
11.3期の対前期減益から、12.3期には回復する見通し
■11.3期実績
 コンタクトセンターサービスでは、マルチベンダー/クロスカテゴリーの会員制有償サポートサービスの拡販が進展し売上げ増に寄与したものの、コンタクトセンター運営において電力供給の制約等の影響を受けた。この結果、同サービスの売上高は対前期同水準となった。

 オンサイトサポートサービスでは、FTTH接続サービスの新規契約件数の鈍化とインターネット接続設定の技術革新に伴う初期設定案件の需要の低下に伴って、訪問件数が減少傾向にある。この結果、同サービスでの売上高は、対前期比マイナス4.8%の減収となった。

 以上の結果、全体の売上高は対前期比マイナス1.2%の減収となり、営業利益以下の利益項目でも、対前期比で減益となった。特別損失として固定資産除却損を計上したこともあって、当期純利益では対前期比マイナス19.9%の減益となった。

■12.3期業績予想
 ICT市場については、ICT環境の高度化に伴ってインターネットへの接続需要は一段と喚起され、また家庭内における無線機器などによるホームネットワーク化も進行している。また、インターネットへ繋がるデバイスの種類と量が増加することで、ネットを介した各種デバイスの利用機械は増加し、結果として付随するトラブルも増加することを、キューアンドエーでは予想している。

 こうした市場動向を前提として、売上高では対前期比+4.5%の増収を見込んでいる。人員増加等による人件費の増加を織り込むものの、増収効果によって営業利益では対前期比+16.6%となる見通し。

株式の状況
ストックオプションとベンチャーキャピタル保有があるが、実質的な需給緩和リスクは小さいか
 ストックオプションの未行使残高が無視できないボリュームで存在しているが、行使価格が今となっては、比較的高めに設定されているため、実際の行使リスクについては、微妙なところ。ロックアップのカバー率は、まずまずだが、ロックアップの対象に入っていないベンチャーキャピタルが幾つかある。その保有株式数は約56千株となっており、特に大きいものではない。

A. 発行済み株式数 998千株(単元100株、10.12に1:100株式分割後)
B. 公募 120千株、増資によるオーバーアロットメント 21千株
C. 売出し 20千株(売出し元は会社関係者)、既発株のオーバーアロットメント なし
D. ストックオプション等の残高総数 168,300株
 E. うち潜在株式に算入する数 168,300株
F=A+B+E 上場時点の想定発行済み株式数 1,307,300株

【参考】(株数は売り出し考慮前)
ベンチャーキャピタルの推定保有株数 186,000株
既存株主へのロックアップ情報: 会社関係者7名と法人7社、ベンチャーキャピタル2組合に対して6ヶ月間。但し、発行価格の2倍以上での市中売却を除く。対象株数は約1,000千株

表2 ストックオプションの未行使残高の状況
総会決議  対象株数 行使価格 行使期間
05年2月    600株 2,500円 07年3月〜14年3月
10年3月 167,700株 1,500円 10年8月〜20年7月

 目論見書でのキューアンドエーの想定発行価格は1,760円で、この価格に基づく公募によるキューアンドエーの手取り概算額は約184百万円とされている。別途予定されている第三者割当増資の手取り概算額約34百万円と合わせた資金使途は、コールセンター設備への投資資金に176百万円、社内業務の効率化を目的とした社内ネットワーク強化への投資資金として8百万円、短期借入金の返済に34百万円を充当する予定。

情報開示の状況
開示なし
 11月18日時点で、キューアンドエーのウエブサイトには、投資家向け情報開示のページは設置されていない。


IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します > 「IPOのための証券会社・銀行選び」

 | 2010年IPO一覧(既上場)  | IPO初値分析・株式投資 |
本資料における個別銘柄に関する注意事項
 EPS・BPS・株主資本比率の計算の元となる、純資産・総資産・株主資本は、各決算期末時点の会社公表数値を用いている。発行済株式数は、自己保有株を含まない。また、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
 一株当りの配当は、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
その他の重要な注意事項
本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資対象となる有価証券の価値や投資から得られる収入は、証券価格の変動のほか、発行体の経営・財務状況の変化、金利や為替相場の変動やその他の要因によって変化する可能性があり、投資額を下回る場合があります。また過去の実績は必ずしも将来の成果を示唆するものではありません。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
本資料は、当サイトが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、その情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、本資料に記された意見や予測等は、資料作成時点での当サイトの判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。本資料の著作権は当サイトに帰属し、その目的のいかんを問わず無断で本資料を複写・複製・配布することを禁じます。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO