4583カイオム・バイオサイエンスIPO=新規公開株式の上場目論見書に基づいた、銘柄・企業分析、初値予想・適正株価水準の想定
IPO初値分析・株式投資〜Hephaistos Investment Research
| IPO初値分析・株式投資  | What's New  | LINKs  | SITE MAP  | IPO株日記  |

カイオム・バイオサイエンス(4583 東証マザーズ)IPO

公募価格バリュエーションと初値予想等

セクター:医薬品

上場年度から黒字化予定だが、やはりベンチャー投資としての視点となる
 いわゆる創薬ベンチャー企業だが、単に新薬の研究開発を行うだけでなく、その開発プロセスで独自のシステムを活用している点が特徴となっている。

 業績面では、創薬ベンチャー系としては珍しく上場年度には黒字化する見通しとなっている。無論、黒字化とはいっても、本来想定される利益レベルに達しているものではなく、想定される公募価格に対するPERは相当程度に高いものとなる。やはり、公募取得は、長期的な肝を据えてのベンチャー投資となる。


個別データ(肩は対前期比(%))
決算期 10/3 11/3 11/9 12/3予
売上高(百万円)
381
21.6%
463

265
63.0%
755
営業利益(百万円)
-202

-231

-48

63
経常利益(百万円)
-203

-237

-50

38
当期利益(百万円)
-164

-180

-51

37
総資産(百万円)
純資産(百万円)
866
323
876
593
757
562
--
--
株主資本比率(%) 37.3% 67.7% 74.3% --
ROA(%、経常利益)
ROE(%、当期利益)
--
--
--
--
--
--
--
--
発行済株式数 2,517.2(修正後、千株)
EPS(円/株)
BPS(円/株)
--
128
--
236
--
223
15
--
配当(円/株) -- -- -- --

事業概要
抗体医薬品の研究開発支援等
 カイオム・バイオサイエンスは、独自の創薬基盤技術であるADLib(アドリブ)システムを核として、抗体医薬品の研究開発支援及び研究開発等を営んでおり、創薬アライアンス事業、リード抗体ライセンスアウト事業、基盤技術ライセンス事業の3事業を展開している。

 カイオム・バイオサイエンスの創薬基盤技術である、ADLibシステム(トリ免疫細胞を用いたモノクローナル抗体作製システム)は、従来の抗体作製技術では抗体取得が困難な抗原に対する多様な抗体を10日程度の短期間に創出する方法。同社の創薬基盤技術は、ADLibシステムに関連する特許権と、多様な抗体を発現した細胞のライブラリ、セレクション方法等の、カイオム・バイオサイエンス独自の運用ノウハウから成り立っている。

 創薬アライアンス事業では、国内外の製薬企業と提携し、主に治療用医薬品開発を目的とする抗体を、ADLibシステムを用いて作製している。提携先企業との共同研究開発や委託研究として、提携先企業から抗原の提供を受け、カイオム・バイオサイエンスでは提携先企業のニーズに応じて、抗体の提供やそれに付随する各種サービスの提供を行う。提携先企業はカイオム・バイオサイエンスが作製した抗体の機能を解析し、医薬品としての可能性を検討し、カイオム・バイオサイエンスはこの対価として技術アクセス料、共同研究開発費、着手金のほか、医薬品開発の進捗に応じて成功報酬(マイルストーン)及びロイヤルティを継続的に得ることを目指している。

リード抗体ライセンスアウト事業では、大学・公的研究機関等との共同研究・提携から得られたターゲット(抗原)に基づき、ADLibシステムを用いてカイオム・バイオサイエンスが単独で医薬品候補となる抗体の作製を行う。これにより得られた医薬品候補となる抗体について、早期(試験管内或いはヒト以外の動物生体内で治療用としての可能性が確認できた段階)の製薬企業へのライセンスアウトを目指す。カイオム・バイオサイエンスは着手金のほか、医薬品開発の進捗に応じて成功報酬(マイルストーン)及びロイヤルティを継続的に得ることを目指す。

 基盤技術ライセンス事業では、ADLibシステムを第三者にライセンスし、ライセンシーが独自にリスクを負って抗体作製を行えるサービスを提供している。当社は、着手金と技術使用料のほか、医薬品開発の進捗に応じて成功報酬(マイルストーン)及びロイヤルティを継続的に得ることを目指す。

収支の状況
12.1期業績予想では、黒字化の見通し
■11.3期実績
 11.3期は、基盤技術であるADLibシステムの国内製薬企業に対する紹介がほぼ一巡し、抗体医薬品に関するクライアントニーズの把握、アライアンス候補先の絞り込みを行った。また海外においても、欧米での経験豊富なコンサルタントの活用や学会等を活用して、国外製薬企業へのアプローチを行った。

 その結果、創薬アライアンス事業と基盤技術ライセンス事業において、国内外製薬企業との契約締結に至った。創薬アライアンス事業では、中外製薬との共同研究でこれまでの成果が評価された結果、第3年度目の契約更新により当初3年間の契約が4年2ヶ月間に期間延長された。基盤技術ライセンス事業では、富士レビオとADLibシステム特許実施許諾及び共同研究開発契約締結に至り、カイオム・バイオサイエンスとしては初のADLibシステムの技術ライセンスに成功した。

 リード抗体ライセンスアウト事業では、複数の企業と秘密保持契約を締結し、ライセンス交渉を開始した。これまでカイオム・バイオサイエンスは理研からADLibシステムに関する基本特許の全世界におけるサブライセンス権付き優先的実施権を許諾されていたが、新たに共有発明実施契約を締結した。

株式の状況
ベンチャーキャピタルは大半がロックアップ対象
 ベンチャーキャピタルからの出資はあるが、その大部分がロックアップの対象となっており、こちらは当面問題は無い模様。ストックオプションについては、近々行使可能になるものが大量に控えており、12年4月以降には、株式需給の緩和リスクがある。

A. 発行済み株式数 1,858千株(単元100株、11.10に1:100株式分割後)
B. 公募 188千株、増資によるオーバーアロットメント 116,500株
C. 売出し 589千株(売出し元はベンチャーキャピタル)、既発株のオーバーアロットメント なし
D. ストックオプション等の残高総数 354,700株
 E. うち潜在株式に算入する数 354,700株
F=A+B+E 上場時点の想定発行済み株式数 2,517,200株

【参考】(株数は売り出し考慮前)
ベンチャーキャピタルの推定保有株数 1,288千株
既存株主へのロックアップ情報: ベンチャーキャピタル24組合・法人と会社関係者4名に対して180日間。

表2 ストックオプションの未行使残高の状況
総会決議  対象株数 行使価格 行使期間
05年3月  10,000株   50円 07年4月〜15年3月
06年12月 30,800株 1,000円 08年12月〜16年12月
09年1月  34,400株 1,000円 11年1月〜19年1月
10年3月 269,500株 1,500円 12年4月〜20年3月
10年11月 10,000株 1,500円 12年12月〜20年12月

 目論見書でのカイオム・バイオサイエンスの想定発行価格は2,700円で、この価格に基づく公募によるカイオム・バイオサイエンスの手取り概算額は約497百万円とされている。別途予定されている第三者割当増資の手取概算額上限 約313百万円と合わせた資金使途は、研究機器購入費用に46百万円、研究施設移転に伴う研究設備の拡充に240百万円、独自の創薬基盤技術にかかる研究開発費と医薬品候補抗体の非臨床段階までの研究開発費に127百万円、研究施設移転に84百万円を充当する予定。

情報開示の状況
開示なし
 カイオム・バイオサイエンスのウエブサイトには、11月22日時点で、投資家向け情報開示のページは設置されていない。


IPOを申し込む時に便利な銀行・証券会社はどこか?管理人が解説します > 「IPOのための証券会社・銀行選び」

 | 2010年IPO一覧(既上場)  | IPO初値分析・株式投資 |
本資料における個別銘柄に関する注意事項
 EPS・BPS・株主資本比率の計算の元となる、純資産・総資産・株主資本は、各決算期末時点の会社公表数値を用いている。発行済株式数は、自己保有株を含まない。また、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
 一株当りの配当は、株式分割・公募増資・自己株買い入れ等を必要に応じて過年度を含めて修正している場合がある。
その他の重要な注意事項
本資料は、投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたものであり、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資対象となる有価証券の価値や投資から得られる収入は、証券価格の変動のほか、発行体の経営・財務状況の変化、金利や為替相場の変動やその他の要因によって変化する可能性があり、投資額を下回る場合があります。また過去の実績は必ずしも将来の成果を示唆するものではありません。投資に関する最終決定は、投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。
本資料は、当サイトが信頼できると判断した情報源からの情報に基づいて作成されたものですが、その情報の正確性・完全性を保証するものではありません。また、本資料に記された意見や予測等は、資料作成時点での当サイトの判断であり、今後予告なしに変更されることがあります。本資料の著作権は当サイトに帰属し、その目的のいかんを問わず無断で本資料を複写・複製・配布することを禁じます。
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO